HOME>起業・ベンチャーINDEX

起業・ベンチャーINDEXINDEX for Entrepreneurs

会社設立営業マーケティング財務・会計人事・労務法務総務Web/IT税務
起業時や創業期にホームページは必要なのか?(2) Web/IT/2018.08.27

引き続き、日本クレアス税理士法人の山本です。
前回は起業時・創業期にホームページを制作するメリット、デメリットを解説してきました。

とにかく多忙で、法定費用などの「払わないといけない費用」も多い起業時、創業期。
そのような中でも効果的にホームページ制作を進めていくには、ホームページ制作も含めて対応しなければならないタスクを洗い出し、適切な専門家(プロ)の力を借りることです。

今回はホームページ制作の一般的な流れと、お役立ちツールを紹介していきます。タスクの整理にも活用してください。

ホームページ制作の流れ

1.ターゲットやコンセプト、ゴールを決める

まず、ホームページを見てもらいたい「ターゲット」を設定します。
万人受けするホームページではなく、”見てもらいたい人が見てくれる”ホームページを目指します。

ターゲットはなるべく具体的に考えましょう。
「アラサーのバリキャリでグルメな女性」
と考えるよりも、
「30歳になったばかりの、大手企業に勤務する、休日は評判のお店で食事をするのが趣味の女性」
とより具体的に表現したほうがよいです。

また、「ペルソナ」や「ペルソナ・マーケティング」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

ペルソナ・マーケティングでは、ターゲットの設定よりもより詳細に、自社の製品やサービスを使ってほしい人、ホームページを見てほしい人を絞り込みます。

下図は私たちが作成したペルソナの例ですが、イメージを想起しやすいようイメージ写真を添付したり、基本プロフィールに加え、情報源や職場の状況、今後の展望や課題など、かなりリアルに作りました。

2.独自ドメインの取得、サーバーの手配

3.必要なページの洗い出し、原稿の作成

4.制作(デザイン、コーディングなど)

5.テスト、検収

6.公開

7.運用へ

便利ツール

CMS(Content Management System)

・50%超のWebサイトが何らかのCMSを使っている
・WordPressが30%強
・EC向けだとEC-CUBEなどが強い

無料で使える素材

・いらすとや
・写真AC

まとめ

山本 恵里奈

執筆者

山本 恵里奈 / Yamamoto Erina

日本クレアス税理士法人

マネージャー 新規事業開発室長 中小企業診断士

長崎県長崎市出身。素材メーカーの経理(工場勤務)、ベンチャー企業で経営企画、新規事業立ち上げ、Webサービス開発、医療系のコンサルタント、IT系の起業の経験を経て現職。自身の起業経験も踏まえ、起業家の皆様の気持ちに寄り添った対応を心がけています。 業務上の得意分野は事業計画策定、マーケティング、Webディレクション、IT関連全般ですが、プライベートはアナログ生活。

一覧へ戻る
ページトップ

CONTACT
まずはお気軽にご相談ください!!

お問い合わせフォーム

(電話)03-3593-3235 03-3593-3247

〒100-6033 東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング33階